記事内に商品プロモーションを含む場合があります 体験レビュー

ChattGPTの学校「飛翔」は怪しい?口コミ、評判を徹底調査

2024年1月23日

  • ChatGPTの学校「飛翔」に入会しようか迷ってるんだけど評判はどうなの?
  • 正直なんか怪しくない?
  • 実際に入会している人の声を知りたい

本記事では、実際にChatGPTの学校「飛翔」の口コミや評判を徹底調査。

どんな人に向いているかを実際に入会している私が解決する内容となっています。

ChatGPTの学校「飛翔」を選んだあとに後悔してほしくない

そんな思いから、良い評判だけでなく悪い評判も紹介していきます。

飛翔詳細はコチラ

ChatGPTの学校「飛翔」とは?怪しくないの?

まずはChatGPTの学校「飛翔」とはどんなサービスなのか?について解説していきます。

運営会社 株式会社エキスパート
受講者数 4000人(2024年2月現在)
受講方法 オンライン講義動画73本
学習期間 半永久(買い切り型)
料金 198,000円(税込217,800円)
学習内容 ChatGPTのプロンプト作成方法
ChatGPTの活用法
プラスα
  • 4000人のコミュニティへの招待
  • 週3回の勉強会への参加
  • 認定証の発行(対外的な証明書)

 

結論:ChatGPTの学校「飛翔」は怪しくない

講師の七里信一さんの発信力が強すぎて、個人で運営しているスクールのような印象が強いですよね?

そのため、ちょっと怪しいのではないか?と感じる人もいるかもしれません。

ただ、全く怪しいスクールではなく、法人運営のスクールです。

実際4000人参加のスクールということで、かなり多くの方が参加していることが分かると思います。

実際私も参加していますが、変な勧誘等は全くなく怪しさを感じないクリーンなスクールだと感じています。

 

ChatGPTの学校「飛翔」の実績

次にChatGPTの学校「飛翔」の実績について紹介していきます。

ChatGPTの学校「飛翔」の実績

  • 開始後半年で4000人以上の生徒数
  • 生徒が複数回プロンプトコンテストで優勝
  • 生徒がChatGPTを用いて月20万円をかせぐ

半年間で4000人以上の生徒数を抱えることが出来るという、超急成長中のコミュニティ。

しかもChatGPTの学校「飛翔」で学べる七里式プロンプトはかなり強力。

実際に複数回のプロンプトコンテストでの優勝実績もあります。

198,000円(税込217,800円)は、気軽に出せる金額ではないかもしれません。

ただ、ChatGPTを活用して稼ぐことが出来れば、必ず元の取れる金額です。

飛翔の詳細はコチラ

ChatGPTの学校「飛翔」が人気の理由

本記事の結論として、ChatGPTの学校「飛翔」は怪しいスクールではありません。

むしろ半年で4000人以上の生徒数を抱える、大人気のChatGPTスクールです。

では、なぜここまで人気なのか?その理由を飛翔生である私が分析して3つにまとめました。

①他スクールと比較して圧倒的に経済的であること

まず、最も大きな理由は他のスクールと比較して圧倒的に経済的であることです。

ChatGPTの学校「飛翔」は買い切り型で198,000円(税込217,800円)

これは他のスクールと比較すると、かなり経済的な値段設定と言えます。

他のスクールと比較した表が以下の通り。

スマホは右にスクロールすることが出来ます

スクール名 受講料金 特徴

ChatGPTの学校「飛翔」

入会金:217,800円(税込み)

継続料金:0円

  1. 買い切り型で半永久利用可能
  2. 他のスクールと比較して経済的
  3. 講義は頻繁にアップデートされる
  4. コミュニティで情報交換できる

タノメルキャリアスクール

入会金:437,800円(税込み)

継続料金:3,278円/月(税込み)

  1. Pythonも同時に学ぶことが出来る
  2. 新規事業創出も学ぶことが出来る
  3. 動画講義数は100個
  4. 入会金は高いが継続料金は安い

テックアカデミー
(プロンプトエンジニアリングコース)

4週間プラン:149,600円(税込み)
※4週間のみ受講可能
  1. プロンプトエンジニアリングの仕組みを学べる
  2. マンツーマンレッスンがある
  3. 4週間で集中的に学ぶことが出来る
侍エンジニア
(業務改善AI活用コース)
8週間プラン:220,000円(税込み)

12週間プラン:297,000円(税込み)

  1. 特定のカリキュラムがなく相手に合わせた講義をする
  2. マンツーマンレッスンを受けることが出来る
  3. Pythonの基礎も同時に学べる

どうしてこんなに安くできるのか?という点ですが、コミュニティ型のサービスということで人件費があまりかからないという点が挙げられます。

コミュニティの人数が多ければ多いほど、質問の回答はすぐに来ますしノウハウもたまっていきます。

動画講義自体も七里さんが定期的に作成しているので、大きな予算は必要ありません。

そのため経済的な料金で、質の高いサービスを受けることが可能

ChatGPTの学校「飛翔」を急成長させた理由の1つです。

他社スクールとより詳しく比較したい方は、【他社スクールと比較した記事】をご覧ください。

飛翔公式HPはコチラ

②買い切り型なので半永久的に情報更新ができること

次に大きな理由は、買い切り型で追加料金がかからず半永久的に情報更新が出来ることです。

ChatGPTってとにかく進化が早いですよね?

毎月のように大きなアップデートが起こっています。

1度学んだだけでは、その知識は数か月後には通用しなくなります。

そういったChatGPTの進歩の速さと、買い切り型のChatGPTの学校「飛翔」と相性が良かった

一度お金を払ってしまえば、半永久的に学習可能。

常にChatGPTの知識でトップレベルを走れることは間違いありません。

料金の安さ・買い切り型で半永久的に学習可能。この2つが合わさって急拡大しました。

③4000人以上が所属するコミュニティに参加できること

3つ目の理由として、4000人以上が所属するコミュニティに参加できることも大きな要因になっています。

大人数が所属するコミュニティに属することで、最新のノウハウがすぐに蓄積していきます。

僕自身、1ヵ月ほどChatGPTの独学を行っていました。

ただ、ChatGPTの分野は新規の分野で情報が全く集まりません。

なので、1つの疑問を解決するために数時間かかったりして、すぐに挫折。

しかし、ChatGPTの学校「飛翔」に入ることで、数時間かかっていた疑問解決が数分で可能に

198,000円(税込217,800円)の入会料は確かに気軽に払える金額ではないかもしれません。

ただ、長期的に見れば、確実にもとの取れるサービスだと考えています

時間の節約。副業としてお金を稼ぐ。トップレベルの知識が身に付く

ChatGPTのスクールは2024年現時点では、飛翔一択。参加が早ければ早いほど回収スピードも速くなります。

飛翔詳細はコチラ

ChatGPTの学校「飛翔」を選ぶデメリット

次にChatGPTの学校「飛翔」を選ぶデメリットについて紹介していきます。

ChatGPTの学校「飛翔」は基本的にはオススメできる商品です。

ただ、ChatGPTの学校「飛翔」に入会した後に後悔してほしくない

そこで2つのデメリットを紹介していきます。

デメリット①:自主的な行動が必要になること

まず1つ目のデメリットは、自主的な行動が必要になるという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」は、基本的に自分のペースで学習が出来る教材

誰かから強制をして学習をしろと迫られることもありません。

そのため、自分から動画講義を見る必要があります。

勉強会の参加も自主的に行う必要があります。

私は強制されるのが苦手なので、動画講義の形式は自分に合っていたと思いますが、強制力が欲しいという方には向いていないかもしれません。

より詳しく知りたい方は、【動画講義について詳しく解説した記事】をご覧ください。

デメリット②:マンツーマンレッスンではないこと

次にChatGPTの学校「飛翔」は、マンツーマンのレッスンではないこともデメリットとして挙げられます。

そのためわからないことがあれば、Chatworkというチャットアプリでの質問が必要。

リアルタイムでの回答ではなく、回答までに数分から数時間の時間差があります

もし、リアルタイムでの回答が欲しいのであれば、毎週3回ほど行われている勉強会に参加しましょう。

勉強会に参加すれば、もうすでに講義を終えている先輩が丁寧に回答してくれます

飛翔詳細はコチラ

 

ChatGPTの学校「飛翔」の評判・口コミ

ChatGPTの学校「飛翔」の評判・口コミも知りたい!という方向けに評判と口コミを調査しました。

良い評判が多かったのですが、悪い評判も包み隠さずに紹介していきます

利用してみてわかった、実際の意見も載せてありますのでぜひご覧ください。

 

悪い評判①:画像生成AIを特化して学びたい人向けではない

まず、唯一の悪い評判は、画像生成AIを特化して学びたい人向けではないという点。

というのも、ChatGPTの学校「飛翔」は、ChatGPTの文章生成を用いて業務効率化や副業を行うためのスクールです。

もちろん、週3回開催される勉強会や、Chatworkコミュニティ内では活発に画像生成AIについて議論されています。

そのため、画像生成AIを学べないというわけではありません。

ただ、メインがChatGPTの文章生成の講義なので、画像生成に特化して学びたいという人はギャップがあるかもしれません

良い評判①:初心者から上級者になれる道が整っている

良い評判1つ目は、初心者から上級者への道が整備されているという点

ChatGPTの学校「飛翔」では、ChatGPTとは何?というレベルから、本格的なプロンプトの書き方までステップアップすることが可能

そのため初心者から上級者まで幅広く役に立つコンテンツがそろっています

実際私もプロンプトコンテストで入賞するレベルの状態で入会したのですが、学べることがたくさんありました。

自分のレベルに合わせた講義を受けることが出来るので、自分のペースで学習できます。

良い評判②:新講座が定期的に更新されて最新情報を知れる

新講座が定期的に更新されるというのも、良い評判としてありました。

ChatGPTの学校「飛翔」ではChatGPTの進化に合わせて、講義動画も更新されていきます

更新頻度が思ったよりも高いというのが、私が一番びっくりしたポイントです。

大体2か月に1回ほど講義が更新されていて、本当に最新情報に合わせたプロンプトを学ぶこと可能

常にChatGPTの最新知識を身に着けてトップラインを走っていきたいという人にオススメです。

良い評判③:定期的に開催される交流会での情報交換が役に立つ

最後の良い評判としては、ChatGPTの学校「飛翔」で週3回開催される勉強会や交流会が役に立つという評判。

僕もこれは本当に役に立っていて、勉強会に参加するのは熱心にChatGPTについて学んでいる方がかなり多い。

僕もいつも勉強させてもらっていて、毎回学ぶことの方が多い状態です。

シンプルに、ChatGPTについて話せる人が職場に1人もいないので、共通の話題で盛り上がることが出来るのもうれしいです。

僕はかなり人との交流が苦手な方なので、たくさんは参加はしていないのですが、本当に皆さん優しくて参加しやすい雰囲気でした。

飛翔公式HPはコチラ

 

実際に入会してみた体験レビュー~こんな人に推奨~

最後に実際に入会してみた体験レビューを紹介します。

結論から言うと、悪い印象が全くありません。想像以上のサービスの質でした。

具体的に推奨できる人としては、以下のとおりです。

「飛翔」はこんな方におすすめ

  • ChatGPTの基礎から応用まで自分のペースで学習したい
  • 出来るだけ安価でしっかりと学習したい
  • 一時的な知識ではなく今後も最新情報を学び続けたい
  • ChatGPTを活用して業務活用や副業をしたい

買い切り型ということが、最も大きな特徴です。

買い切り型であることで、自分のペースで学習できる常に最新情報を学ぶことが出来る

例えば2年間学習を続けると考えれば、1日当たりの料金は大体300円程度

ChatGPTは今後5年間はメガトレンドの中心になると考えています。

今後ChatGPTの情報を追って、業務への活用や副業を考えているという人はぜひ入会してみて下さい

飛翔公式HPはこちら

まとめ

今回はChatGPTの学校「飛翔」の評判・口コミというテーマで紹介しました。

評判・口コミまとめ

  • ChatGPTをビジネス活用・副業活用する人にオススメ
  • 初心者から上級者まで着実にステップアップできる
  • 新講座の更新で常にChatGPTの最前線を走れる
  • 定期開催の交流会・勉強会が役に立つ

特に買い切り型で安価な設定というのが、コミュニティが大事で進歩の速いChatGPTと相性が抜群

一度お金を払ってしまうと半永久的に利用可能なので、早く入らないとむしろ損な状態です。

値上がりする可能性もあるので、今忙しい、もう少し後で勉強しようと考えている人も今のうちに入会しておくことをオススメします。

飛翔参加はこちら