記事内に商品プロモーションを含む場合があります 体験レビュー

ChatGPTの学校「飛翔」をおすすめする8つの理由【徹底解説】

2024年1月22日

  1. ChatGPTの学校「飛翔」が気になる
  2. なんで注目されているのか知りたい
  3. ChatGPTの学校「飛翔」って満足度が高いの?

上記のような方に向けて、実際にChatGPTの学校「飛翔」を利用している私が、オススメする理由を紹介していきます。

実際私は、ChatGPTの学校「飛翔」に入学後複数回プロンプトコンテストで入賞

ただ、ChatGPTの学校「飛翔」を選んだあとに後悔してほしくない

そんな思いから、メリットだけでなくデメリットも紹介していきます。

「飛翔」はこんな方におすすめ

  • ChatGPTの基礎から応用まで自分のペースで学習したい
  • 出来るだけ安価でしっかりと学習したい
  • 一時的な知識ではなく今後も最新情報を学び続けたい
  • ChatGPTを活用して業務活用や副業をしたい

飛翔公式HPはコチラ

ChatGPTの学校「飛翔」をオススメする8つの理由

私がChatGPTの学校「飛翔」をオススメする理由の結論は以下の通りです。

おすすめする8つの理由結論

  • 買い切り型なので常に最新情報を知ることが出来る
  • 初心者から上級者まで1つずつステップアップできる
  • アウトプットをする機会があるので着実に知識が身に付く
  • 認定試験があるので自分の実力を示すことが出来る(箔がつく
  • 24時間チャットでのサポートがあるのでわからないことをすぐに聞ける
  • 3000人以上の会員との交流を通じて一緒に学習できる仲間が出来る
  • 自分のペースで学習を進めることが出来る
  • 他のスクールと比較するとかなり安い

それぞれ詳しく解説していきます。

飛翔の詳細はこちら

①買い切り型で更新されるので常に最新情報を知ることが出来る

まず1つ目は買い切り型で頻繁に更新されるため、半永久的に最新情報を知ることが出来るという点。

ChatGPTはとにかく進化が早い。

毎月のように大型アップデートをしています。

そのため、書籍の情報はもちろん古いですし、youTubeの動画でさえ古い可能性もあります。

その一方一度購入してしまえば、半永久的に最新情報を知ることが出来る点がChatGPTの学校「飛翔」の魅力

ChatGPTの学校「飛翔」では、プロンプトのノウハウや手法に関する講義動画も2か月に1回くらいのペースで更新

今後ChatGPTのトップランナーとして学習し続けたい!という人にオススメ。

②初心者から上級者まで1つずつステップアップできる

2つ目のメリットは、初心者から上級者まで1つずつステップアップできるという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」の講義は、初級編から上級編があります。

そもそもChatGPTってなに?というレベルの初心者でも大丈夫。

普段からChatGPT使ってるから簡単すぎるのもなぁ、という中・上級者でも大丈夫。

複数回プロンプトコンテストで入賞レベルの私が入会しても、かなり勉強になる講座ばかり。

難しすぎるのは嫌だなぁと思っている初心者にも、学べることがあるか不安な上級者にもオススメできます

講座内容について詳しく知りたい方は、【動画講義について解説して記事】をご覧ください。

③アウトプットをする機会があるので着実に知識が身に付く

3つ目のメリットは、アウトプットをする機会があるので着実に知識が身に付くという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」は、動画講義のコンテンツが主です。

そのため、動画を見るだけで知識が身に付くの?と不安になるかもしれません。

ただ、そんな不安も必要ありません。

ChatGPTの学校「飛翔」では、各コンテンツごとに1つ課題が提供されています

そのため、インプットとアウトプットをセットで行うことが可能

着実に学んだ知識を自分のものにすることが出来ます

飛翔の公式HPはこちら

④認定試験があるので自分の実力を示すことが出来る(箔がつく)

4つ目のメリットは、認定試験があるので自分の実力を示すことが出来て箔がつくという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」では、初級編・中級編・上級編が終わると、プロンプトエンジニア認定試験を受けることが出来ます。

それに合格すれば、PDFファイルで認定証をもらうことが可能。

例えば、今後ChatGPTの先生や研修でお金を稼いでいきたい。といった思惑がある方は、対外的に実力を示すために有用。

ChatGPTという新しい分野だからこそ、対外的に認められるような試験を受けることが出来るのは大きなメリットです。

⑤24時間チャットでのサポートがあるのでわからないことをすぐに聞ける

5つ目のメリットは、24時間チャットでのサポートがあるのでわからないことをすぐに聞けるという点。

ChatGPTの学校「飛翔」では、入会後に飛翔生だけのChatworkコミュニティに招待されます。

参考

Chatworkとは無料のビジネスチャットアプリ。LINEのグループチャットのようなもの。

そのChatworkコミュニティでは24時間ChatGPTに関することを質問可能

質問をすれば早ければ数分で返信がきます。

分からないことをいつでも聞けるのは、ChatGPTという日々進歩する分野では非常に重要です。

⑥4000人以上の会員との交流を通じて一緒に学習できる仲間が出来る

6つ目のメリットは、4000人以上の会員と交流を通じて一緒に学習できる仲間が出来るという点。

ChatGPTの学校「飛翔」では、Chatworkを通じての会員同士の交流が活発です。

正直僕も初めは1人で勉強出来るじゃんと思って、1人で学習を続けていました。

ただ、進歩の早いChatGPTの分野では1人での情報収集は無理でした。

その点ChatGPTの学校「飛翔」に入会した後は、情報収集が出来る仲間が出来ました

4000人の情報交換で、入会前と後では情報収集のスピードが大きく変わりました。

今まで数時間かけて回答を探していたのが、1つチャットで聞くだけで解決策が返ってきます

ノウハウがネット上に落ちていない新規分野だからこそ、コミュニティでの人脈が重要だということを痛感しました。

週3回の定期的な勉強会も開催されているので、そこでも情報交換が可能です。

飛翔の公式HPはこちら

⑦自分のペースで学習を進めることが出来る

7つ目のメリットは、自分のペースで学習を進めることが出来るという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」は、1度お金を払ってしまうといつでも半永久的に学習が可能

つまり、勉強を早くしなければ損、ということは全くありません

自分の好きなタイミング・ペースで学習可能。半年後から学習を再開することも可能です。

  • ChatGPTの勉強はもう少しChatGPTが世の中に広まってからにしようかなぁ。
  • 最近忙しいからもっと暇になってから入会しようかなぁ。

そう考えている人でもとりあえずいま入会しておくことをオススメします。

今後値上げする可能性も0ではありませんし、買い切り型なので今すぐ学習する必要はありません。

⑧他のスクールと比較するとかなり安い

8つ目のメリットは、他のChatGPTのスクールと比較するとかなり安いという点です。

ChatGPTの学校「飛翔」は買い切り型で198,000円(税込217,800円)

これは他のスクールと比較すると、かなり安価な値段設定と言えます。

他のスクールと比較した表が以下の通り。

スマホは右にスクロールすることが出来ます

スクール名 受講料金 特徴

ChatGPTの学校「飛翔」

入会金:217,800円(税込み)

継続料金:0円

  1. 買い切り型で半永久利用可能
  2. 他のスクールと比較して安い
  3. 講義は頻繁にアップデートされる
  4. コミュニティで情報交換できる

タノメルキャリアスクール

入会金:437,800円(税込み)

継続料金:3,278円/月(税込み)

  1. Pythonも同時に学ぶことが出来る
  2. 新規事業創出も学ぶことが出来る
  3. 動画講義数は100個
  4. 入会金は高いが継続料金は安い

テックアカデミー
(プロンプトエンジニアリングコース)

4週間プラン:149,600円(税込み)
※4週間のみ受講可能
  1. プロンプトエンジニアリングの仕組みを学べる
  2. マンツーマンレッスンがある
  3. 4週間で集中的に学ぶことが出来る
侍エンジニア
(業務改善AI活用コース)
8週間プラン:220,000円(税込み)

12週間プラン:297,000円(税込み)

  1. 特定のカリキュラムがなく相手に合わせた講義をする
  2. マンツーマンレッスンを受けることが出来る
  3. Pythonの基礎も同時に学べる

かなり経済的であることが分かります。

どうしてこんなに安くできるのか?という点ですが、コミュニティ型のサービスということで人件費があまりかからないという点が挙げられます。

コミュニティの人数が多ければ多いほど、質問の回答はすぐに来ますしノウハウもたまっていきます。

動画講義自体も七里さんが定期的に作成しているので、大きな予算は必要ありません。

そのため安い料金で、質の高いサービスを受けることが可能

例えば2年間学習を続けると考えれば、1日当たりの料金は大体300円程度

早ければ早いほどお得ですし、遅ければ遅いほど損をしています。

ChatGPTの学校「飛翔」に入らずに、自分で時間をかけて学習するよりは、さっとコミュニティに入って最新情報を効率よく学んでいきましょう

もっと詳しく他スクールと比較したい方は、【他スクールとの比較を解説した記事】をご覧ください。

飛翔への参加はこちら

ChatGPTの学校「飛翔」の3つのデメリット

ChatGPTの学校「飛翔」についてのメリットを紹介してきました。

ただ、入会してからギャップを感じてほしくない。後悔してほしくない。と考えています。

そこで、ここでは逆にデメリットについても包み隠さず詳しく解説していきます。

3つのデメリット結論

  • 画像生成AIに関する講義はないのでイラストレータを目指す方には不向き
  • マンツーマンレッスンではないので質問回答は少し時間がかかる
  • 自分で講義を進めていくのでやる気は必要

①画像生成AIに関する講義動画はないのでイラストレーターを目指す人には不向き

1つ目のデメリットは、画像生成AIに関する講義はないので、イラストレーターを目指す人には不向きという点。

ChatGPTの有料版にはDALLE3という画像生成AI機能が付いています。

ただ、ChatGPTの学校「飛翔」では、画像生成の分野の講義動画はありません。(2024年2月時点)

全く学べないというわけではありません。

週3回開催される勉強会や、Chatwork内では頻繁に画像生成AIについて取り上げられています

ただ、主目的が画像生成を学ぶためであれば、少しギャップを感じるのではないかと思います。

そのため、あくまでChatGPTを業務利用したい、副業で活用したい。という人にオススメです。

②マンツーマンのレッスンではないので質問回答までに少し時間がかかる

2つ目のデメリットは、マンツーマンレッスンではないので、質問回答までに少し時間がかかるということです。

マンツーマンレッスンあれば対話を通じて疑問を解決できますが、ChatGPTの学校「飛翔」は動画講義です。

そのためChatworkで質問して回答をもらうまでに、場合によっては2~3時間のラグがあることも、、。

ただし、すぐに対話を通じて疑問を解決したい!という人は、毎週3回行われる勉強会への参加をオススメします。

勉強会ではすでにChatGPTをしっかり学んだ飛翔生が、丁寧に質問への回答をしてくれます。

常にマンツーマンレッスンというわけではないですが、疑問解決をする場は設けられています

③自分で講義を進めていくのでやる気は必要

3つ目のデメリットは、自分で講義を進めていくのでやる気は必要ということです。

ChatGPTの学校はオンラインでの学習で、なおかつ自分で講義を進めていく必要があります。

そのため、ある程度のやる気と自制心が必要。

入会したはいいけど全く勉強しなかったとなるともったいないですよね?

ただ、ChatGPTの学校「飛翔」は買い切り型なので、自分のペースで学習できるのはメリット

将来的に学習する可能性があるのであれば、今のうちに入会しておいてください。

飛翔への参加はこちら

 

ChatGPTの学校「飛翔」はこんな人におすすめ

最後にメリット・デメリットを踏まえて、ChatGPTの学校「飛翔」はどのような人にオススメなのか?について解説していきます。

ChatGPTの学校「飛翔」は以下のような方にオススメ。

「飛翔」はこんな方におすすめ

  • ChatGPTの基礎から応用まで自分のペースで学習したい
  • 出来るだけ安価でしっかりと学習したい
  • 一時的な知識ではなく今後も最新情報を学び続けたい
  • ChatGPTを活用して業務活用や副業をしたい

買い切り型ということが、最も大きな特徴です。

買い切り型であることで、自分のペースで学習できる常に最新情報を学ぶことが出来る

こんごChatGPTの情報を追って、業務への活用や副業を考えているという人はぜひ入会してみて下さい。

飛翔公式HPはこちら

 

まとめ

おすすめする8つの理由結論

  • 買い切り型なので常に最新情報を知ることが出来る
  • 初心者から上級者まで1つずつステップアップできる
  • アウトプットをする機会があるので着実に知識が身に付く
  • 認定試験があるので自分の実力を示すことが出来る(箔がつく
  • 24時間チャットでのサポートがあるのでわからないことをすぐに聞ける
  • 3000人以上の会員との交流を通じて一緒に学習できる仲間が出来る
  • 自分のペースで学習を進めることが出来る
  • 他のスクールと比較するとかなり安い

世間で話題になっているChatGPTですが、今後必須スキルになると考えています。

ChatGPTは様々な分野で役に立ちます。エクセルやパワポと同じようなスキルになっていきます。

ChatGPTに使われる側になるのか、それとも使う側になるのか?

いま一歩踏み出すことで、大きく変わります。ぜひ気になるのであれば今のうちに参加してみて下さい。

飛翔への参加はこちら